工場見学も出来るこだわりの浜松餃子|マルマツ

お気軽にお問い合わせください
0120-524-002

品質管理

品質管理

食品に対する高い評価は単に「おいしい」だけでは得られません。おいしいことはもちろん、健康によく、安全でなければ消費者から選ばれることはありません。そしてその基準は年を追うごとに厳しくなっています。マルマツは創業以来おいしく、健康づくりに役立ち、かつ安心してお召し上がりいただける餃子を提供しております。その一環として、餃子メーカーとしては先駆的な取り組みとして、ISO22000:2005認証取得、2000年9月より本社第1工場、2012年3月本社第2工場が静岡県ミニHACCPの承認工場となり、さらなる安全性の確保に向け、品質管理体制のレベルアップを日々に推進しています。業界トップクラスの品質管理でいつまでも愛される美味しさと安全をお届けします。

ISO22000:2005認証取得

マルマツでは皆様にご満足いただける商品・安心安全な商品をご提供させていただくため、2016年12月に本社工場と冷凍専用第2工場の2工場で「ISO22000:2005」の認定を取得いたしました。

ISO22000:2005は衛生面を含め、消費者へ安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。HACCPの内容をすべて含み、さらに品質・環境管理の要素が含まれています。

ミニHACCPとは

ミニHACCPは、地域で承認する安全の証です。
HACCPは乳・乳製品・食肉製品・加圧加熱殺菌食品・魚肉練り製品・清涼飲料水に限り厚生労働省が承認しており、それ以外の食品について地域で承認しようとする試みが「ミニHACCP」です。静岡県でも地域食品衛生管理向上事業として行っており、食品製造業者を対象として、申請に基づき審査会で指導対象施設を決定し、指導は「地域食品衛生管理向上指導員(静岡県食品衛生コンサルタント協会所属)」の指導員が、HACCPプラン及び一般的衛生管理マニュアルの作成等の指導をします。
プランおよびマニュアルの作成などが完成した後、審査会で審査し、承認基準に合致すれば(社)静岡県食品衛生協会より承認証が発行されます。

お問い合わせはこちら
0120-524-002
受付時間:9:00~17:00(火~金)
※土日月祝日年末年始を除く